やっと梅雨が明けた。
と同時に灼熱の夏が来た。
そして、いつもと全く違う夏。
ただ、粛々と走るのみ。

毎年、7月31日から8月1日にかけて”千日詣り”が行われる京都の愛宕山。
去年初めて夜を徹してお参りをした。


今年は、コロナ対策により、7月23日から8月1日まで(9時~16時まで)と幅をもたせてくださって、本日8月1日が最終日。いざ!
200801a
清滝前の幽霊トンネルおよびしんどい試峠を避けるため、嵐山駅前からバスで清滝まで行き(皆さん考えることは一緒で、バスがえーらい混んでてちょっとびびる)、表参道の脇から月輪寺コースで登ることに。(この右手の橋を渡るときれいなトイレあり

200801b
表参道は、老若男女最も多くの参拝者が通るため、道幅はゆったり目で時折平坦な道もあってメリハリがあるが、月輪寺コースはひたすら急坂で、岩や木の根と足元が悪い個所も多く、細くてくねくねしていてかなりきつく感じた。でも、ここを下るよりは上りにした方が正解かな。

200801c
こんなんあったら、左に行くに決まってるやんw
って、ちょっとの間急なだけ~

200801d
月輪寺がすぐそこ、という時に鹿さん発見。
ちょうど尼さんが外に出られていて、「通って大丈夫ですか?」と尋ねたら「大丈夫、大丈夫」って。
なので、そ~っとそ~っと。
人慣れしたはるのね。

200801e
親鸞聖人像とご本堂。
内部に貴重な仏像など見どころがあるというのに、2度目の今回もちゃんと見もしないで申し訳ないです 親鸞さんが手植えされたという時雨桜を観に、来年は4月~5月に来ないとね。

200801f
この石段に到着するとホッとする。
ここからまたひと頑張りで・・

200801g
愛宕神社に到着。

200801h
”火迺要慎”(ひのようじん)お札は間に合っているので、今回は限定御朱印(金の猪印)をいただく。千日分の火伏のご利益ありますように。

200801i
さて、給食休憩後、さきほどの石段を下りて東側の道を北へ向かう。
今回、初めて、愛宕山(924m)より少し高い地蔵山(947m)まで足を延ばしてみることに。
途中、素ン晴らしい山々の景色が見えてしばし見とれる。右端の切れかかってるのは比叡山かな

200801k
遅ればせながら、今回初めてヤマレコのアプリを使ってみた。
なんでもっと早く使わなかったんだろう。むちゃむちゃ便利じゃーないか
それでも、ここを左に勝手に行ってしまってダウンロードしたルートからどんどん外れ、引き返す羽目に・・思い込む癖を直さねば。

200801j
低木の中をずんずん入っていく。何となく道ができているので迷う感じではなかったけど、ヤマレコのおかげで安心して進んでいけた。
ただ、この時期特有なのか、蜂みたいな大きめの虫(アブ?)が大量に飛んでいて、ちょこちょこ刺されたのには閉口した。

200801l
愛宕山頂から約4㎞、40分弱で地蔵山三角点に到着。
ちょうど着いた時、ハイカーさんのグループ(10人くらい)も到着したところで、小さいスペースゆえこの写真を撮って給水して、早々に退散 ここからもパノラマは見えたのか確認しないままだったのが悔やまれる。
でも、愛宕山まで戻るコースは当然ながら下りが多く、トレイルもふかふかして楽しかったのは収穫だった。もう1つ、途中から竜ヶ岳(921m)へのルートもあったが、もうお腹いっぱいなので今回はパスw

200801m
走れるところはちょっと走って表参道を下山し、水尾わかれで今度は水尾方面へ。
表参道は参拝者がひっきりなしに行き交っていたけど、水尾コースは数名ほどしか出会わなかった。

200801n
急坂だけど、まっすぐで見通しやすいし、月輪寺コースよりは全然走って下りられる。

200801o
お山を出てからも集落を通る急な下りがしばらく続く。

200801p
府道50号線に出てすぐの自販機で、ここ水尾の柚子を使った炭酸ジュースを見つけて(しかも100円)やった~!と思ったら売り切れだったという・・

200801q
余力があれば、六丁峠を越えて嵐山駅まで走る予定だったけど、暑すぎてムリ~~
またもや保津峡駅でギブアップ。

200801r
200801s
山の形が「できるかな」のゴン太くんみたいww
距離は伸びなかったけど、千日詣りも無事にできたし良しとしよう。


我が市が誇る京都マラソンが、来年の第10回目はオンラインで開催、と決定した。
あぁ・・今年の2月に出走できなかったことがさらに悔やまれる・・
でも、どちらもしょうがない。
エントリーするかどうかは悩み中・・(近日中に詳細がUPされるとのこと)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
↑↑ランキング参加してます。ポチっといただけるとうれしいです